葬式の特徴や流れ

葬儀費用でお花の占めるウエート

葬式という儀式について

葬式とは故人を送り出すための儀式です。残された者にとっては故人との最後の別れの場になります。しきたりや様式は信仰する宗教や地域によって異なります。一般的な葬式は通夜、葬儀、告別式という流れになっています。通夜とは葬儀の前日に遺族や親類が集まり故人との最後の夜を過ごす儀式です。葬儀とは故人がこの世からあの世へいくための儀式です。遺族や親族が行います。告別式とは友人や知人が最後の別れをする儀式です。近年は通夜に友人が参加する場合もあったりして明確な定義は薄れています。

見学会で葬儀について知ろう

葬儀というと突然の悲しみ事というイメージで、普段、考えることは少ないという方も多いと思います。そのため、いざとなると何も分からず困ってしまう方も少なくないのが現状でしょう。斎場などでは、見学会などのイベントが行われていますので、気軽に参加してみるのもおすすめです。喪家の立場としての葬儀について具体的に知ることができる他、参列者としてのマナーなども学べますので、きっとお役に立つと思います。あまりなじみのない場所だとは思いますが、機会があればぜひ行ってみてください。

↑PAGE TOP