• トップ /
  • 突然の不幸葬儀を執り行うには

葬儀のマナーと費用

突然の不幸葬儀を執り行うには

葬儀の種類服装のマナー

大切な家族が亡くなった場合、葬儀を執り行って故人を送り出すのが遺族の務めです。危篤・臨終から葬儀後の対応まで、喪主や遺族はやるべきことがたくさんあり、気が休まる暇がありません。短期間で様々なことを決めなければならず、適切な判断が必要となります。いざという時に困らないように、マナーやしきたりを事前に調べておきましょう。家族に不幸があった場合、菩提寺に連絡し葬儀の日程と場所を決めます。一般葬・家族葬・密葬・直葬など様々な種類があります。近年では、費用を抑えたい・派手なことはしたくないとシンプルな家族葬を選ぶことが多くなりました。葬儀社によって費用やプランが違うため、何社かで見積もりを取るといいでしょう。追加料金がかかる、思っていた内容と違っていたなど費用に関するトラブルも多いため、事前にしっかりと確認することが大切です。服装についてのマナーですが、喪主や遺族など弔問客を迎える立場の人は喪服を着用します。通夜は正式な喪服でなくても構いません。男性は黒のダブルスーツ・黒ネクタイ・黒靴が基本です。女性は和装の場合は黒無地の着物、洋装の場合は黒無地のシンプルなスーツかワンピースです。結婚指輪以外のアクセサリーは外しますが、真珠のネックレスならつけても構いません。数珠は仏教式のみで使用します。神式で数珠を使うのはマナー違反なので気を付けましょう。

↑PAGE TOP