企業におけるITシステム運用管理の重要性とクラウド化が進む構築とツールの運用

企業にとってシステムの管理や保守はとても重要な業務

情報技術が大きく発展した現在では、効率的な業務の推進を目的とするITシステムの構築は企業にとって欠かすことができないインフラとなっています。またそれと同時に構築されたシステムを安全かつ安定的に運用するため、継続的なコントロールやメンテナンスの実行がとても重要となります。そのために必要なのが、的確なITシステムの運用管理と保守です。このうちシステム運用管理は、基本的にシステムやネットワークを常に最適な状態で稼働するために行う業務です。これに対して保守はセキュリティーや故障・トラブルへの対応、あるいは万が一の際の復旧作業などが業務の中心となります。ただし両者の間には明確に区分できない仕事やクロスオーバーな面も多く、同じ部署やスタッフが担当しているケースも多く見られます。

クラウド化によって業務の省力化や合理化を実現できる

ITのシステム運用管理と保守は、今や企業にとってなくてはならない業務のひとつです。しかしながら対応に必要な高い専門性を持った人材の確保や育成は容易ではなく、企業活動にとって重大な足かせとなってしまうことも少なくありません。そのためこれまでは多くの企業が業務委託や人材の派遣といった方法により、外部のサービスやツールを利用することで何とかやり繰りを行ってきました。ところが情報技術の高度化や複雑化に伴い、最近ではそれもなかなか困難となりつつあるのが現状です。そのような中で注目され始めているのが、システム運用管理をクラウド化する動きです。クラウド化には業務を効率的に変革し、省力化や合理化を実現することが期待されています。

クラウド化とそれに伴う自動化による数多くのメリット

企業におけるITシステムの構築に対して、近年クラウド化は大きな貢献を果たしてきました。従来独自運用が中心であったシステムをネットワークを利用したクラウドサービスに切り替えれば、標準化により管理や保守の手間とコストを大きく削減することが可能です。システム自体のクラウド化が進む中で、運用管理についてもその動きが広がり始めています。システム運用管理をクラウド化すれば多くの作業を自動化することができ、担当スタッフの負担軽減やそれに伴う人員削減が可能となります。またその他にも自動化には人工を必要としない24時間監視体制の実現、人的ミスの解消といったさまざまなメリットが挙げられます。