• トップ

故人を見送るのに欠かせないお花

葬儀費用でお花の占めるウエート

葬儀にお花は不可欠です

葬儀において、お花は不可欠のアイテムです。祭壇自身のベースは白木等で使いまわしされるもので、それだけでは古めかしい感じがします。この木製の祭壇のベースにお花で飾りつける事で綺麗で素晴らしい祭壇となるのです。葬儀費用の中で祭壇の占める比率は結構高く、しかも祭壇の中でもお花の費用が高くつくのです。飾り付ける花は、葬儀の日に綺麗に咲いている事が必要で、しかも菊や蘭なども彩を考えた生花が選ばれます。お花は元々値段が高いもので、それを大量に使用して祭壇を飾ると費用が掛かるのも頷けます。また花がメインの祭壇でなくても、祭壇の周囲にいくつか花のスタンドを飾り付けるだけで、殺風景な雰囲気がなくなります。参列者が供花を供える事で、さらに式場がしめやかな中に何とも言えない優しい雰囲気となり、華やかにさえなります。故人を送る事は悲しい事ではありますが、こうしてお花で飾って送る事で、故人に対して多くの人が感謝の意を込め、安らかな眠りを願っている事が示せる様な気持ちとなり、悲しみを和らげる効果さえある様に思われます。最後の別れに飾られた生花が業者の方によって切られ、遺族がそれを棺に飾り付ける時、葬儀において最も悲しみを誘います。華やかに飾り、悲しさを和らげ、そして最後に別れを告げる時と、生花は葬儀においてなくてはならないアイテムなのです。

新着情報

↑PAGE TOP